ウサギと春夏秋冬

ウサギと春夏秋冬

ウサギと春夏秋冬

若芽が芽吹く頃になると、夢と希望に満ち溢れる楽しい気分になるものです。ウサギも人間と同じで、外の空気で春の匂いを感じ取り、ルンルンしている感が有ります。

他の動物もそうらしいですが、この時期に交配させるのが良いとされます。子供を増やしたいのであれば、お見合いをさせるのもいいですね。

夏の直射日光はウサギには耐えられないので、レースのカーテン等で遮ります。飼い主さんが出かける時は、密封せずに少し窓を開けて置けば熱射病にはならないと思います。

ウサギを長い時間、車に置くのも危険です、暑さと脱水症状を起こしますので気を付けましょう。

実際にあった話ですが、とても暑い日に引っ越しを行なった際、2時間程掛かって新居に着いて荷物を降ろした後、キャリーバッグを開けてみると、ウサギがバッタリ寸前。本当に危なかったので反省しきりでした。

暑いと食中毒も怖いので、食べ残した野菜や果物等はラップに包んで冷蔵庫に保存しながら与えましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional