ウサギの健康管理

ウサギの健康管理

ウサギの健康管理

ウサギは鳴けないので、体調が悪くとも外からはよく分かりません。一日に一度は必ずケージから出してスキンシップをしながら、体が汚れていないか?フンや尿に異常がないか等を確認する様に習慣を付けましょう。

部屋の中を飼い主が走って、付いてくるようなら元気な証拠です。構ってくれる嬉しさで仲良くなれますし、自分の足腰も強化されて(笑)、一石二鳥ですね。

おやつやナッツ類を沢山上げ過ぎて太ってしまった場合も、脂肪を落とすのに協力して一緒に走るか体を動かす様に誘導してあげましょう。肥満になると動きが悪くなって、足に負担が掛かり、転びやすくなったり炎症を起こす事があります。

一緒に走るのが大変でしたら、回転できる椅子に飼い主が座って、足で誘導すると椅子の周りをウサギも付いて回るので、運動不足と肥満解消につながります。回り過ぎて自分の目が回らないように・・

春になって道の景色が綺麗になったら、散歩に出かけましょう。家と外では空気が違いますので、飼い主の気分転換にも役立ちます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional