ウサギの出産と寿命

ウサギの出産と寿命

ウサギの出産と寿命

ウサギが出産して子育てをし、見せてくれるまでに3週間程掛かかります(巣箱から子供と一緒に出て来るまで待ちます)。出産1週間前から出産1週間後までは特に神経質になっているので、掃除もしない、巣箱を触らない、見ない、近づかない、静かにする様に心掛けてください。

気になって見ていると、ストレス等で育児放棄をしてしまうウサギもいます。参考までにお話しすると、人工保育は人間にはとても難しいようです。

1ヶ月位になればケージを掃除出来ます。離乳は1ヶ月半辺りですので、この頃になると巣箱は取り除き、代わりに牧草を敷く等し、浅目のエサ箱を入れます。2ヶ月位になると独り立ち出来ます。

そして人間も同じですが、生あるものは死が必ず訪れます。ウサギの寿命は7歳~10歳位と言われています。過ごす場所や環境もありますし、ストレスを極力少なく出来る様に考えてあげる事、淋しくさせない等、気を使う事で長生きさせる事も出来ると思います。山奥で18歳まで生きたウサギもいます。

それでも亡くなると後悔・反省は付きものですが、余り考えすぎないようにその時が寿命としてお別れには「有り難う」とお礼を言って、さよならをしましょう。悲しみは永遠に尽き無いですが、飼い主さんが病気になっても困りますし、ウサギも喜びません。

直ぐは無理ですから、暫らくして悲しみが薄まって来た時、又、新しい気持ちでウサギを迎えましょう。送ったウサギの生まれ変わりと思って飼う事で供養にも成ります。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional