ウサギの性質と性格

ウサギの性質と性格

ウサギの性質と性格

人間の性格も十人十色の様に、ウサギもそれぞれ性格が違います。良い悪いは抜きにして、とっても神経質で怖がりなのはウサギの共通の性質ですが、度を越して神経質なウサギもいます。

ケージから出そうとしても中々出て来ない、出してもお部屋の隅っこに行ってしまう、飼い主の傍に寄り添って来るのに3年も掛かる、他の家に行って帰って来た途端、毛が抜けて禿げを沢山つくってしまう等々。

神経質過ぎるウサギはストレスも大きく、飼い主さんもどうして良いかとても悩んでしまいます。

最初はウサギの性質や性格が理解できず、経験も無く、可哀相な思いをさせたりします。ですが、経験や失敗を重ねるうちに、少しずつ理解できるようになり、ウサギから寄って来る様になります。

環境が良くないせいだと思い込み、引っ越しばかりしていると、飼い主のイライラがウサギにも移ってしまい、ストレス倍増で命を縮める事になる場合があります。

ペットを飼ってはいけないとされているマンション・アパートの管理人さん等にも「ウサギですけどダメでしょうか?」の確認を先にしておいた方が安心出来ますし、ウサギは鳴かないのでOKになる場合も有ります。内緒で飼って、ドキドキ暮らすことは精神衛生上も良くありません。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional