ウサギの躾け方

ウサギの躾け方

ウサギの躾け方

少し大きめのケージに小さなウサギを迎えて、幸せな気持ちを味わって下さい。ペットショップで沢山のウサギと窮屈に暮らしていたウサギは、やっと自分専用の家が出来て、飛び跳ねる子もいます。

そんなウサギは本当に可愛いものです。ベビーフード等を与えると消化の早いウサギは直ぐトイレに行きたくなります。

ケージに用意されているトイレのおしめパットに汚した紙を入れて置くと、「ココでシテ良いんだ」と覚えるようで、匂いを嗅いで用をタシます。一度、用をタセば、もう大丈夫です。又、家の中に外トイレを作った時も同じ様にすると早く覚えます。

エサ箱を用意していても、ひっくり返す場合は、じかに置いて食べさせます。狭い処に顔を入れるのが嫌なのかも知れないですが、気にせずに無理強いすると、ストレスの元になるので気を付けてください。

トイレが上手く出来た時はほめて上げてください。上手くいかなくとも怒らずに気長に待ちましょう。金属音や卵ケースを開ける音等、大きな音は大嫌いなのでヒキツケを起す場合が有るので、気を付けてあげて下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional