ウサギの食事

ウサギの食事

ウサギの食事

ペットショップで一目惚れしたウサギを新しいケージに迎えて、ウキウキワクワクの喜びに満ち溢れた生活が始まります。ウサギの場合は犬猫達と違い、沢山エサを与えても一度に全部食べる訳では無いので、残しても心配はありません。お腹が空いたら食べるので、一日分のラビットフード(最初はベビーフードです)を朝、与えておきます。

野菜は食物繊維や胃腸を元気にしてくれるキャベツ(柔らかい処を生で)やブロッコリー・小松菜・人参(小さめに一口サイズに刻んで)等を少しずつで良いので食べさせて下さい。

農薬が付いているのは、綺麗にコスって洗い、最後に熱いお湯で流してからなら与えても心配無いと思います。他にトマトやサツマイモ・カボチャ、そしてフルーツではリンゴ・イチゴ・バナナ等を好むウサギが多いようです。

半年も経つと大人になるので、大人用のラビットフードに切り替え、牧草のおにぎり等、固めの食べ物を与えて、歯の伸びすぎに気を付けてあげましょう。

季節の変わり目の毛が抜ける時は、お腹に毛が沢山入ると毛玉になって、下痢や便秘の原因になります。

パインの汁やパイン・パパイヤ・マンゴー等が混合されたウサギ用の商品が売っています。毛が抜ける時期には少し多めに(5~10cc位)与える事に依って、お腹の毛玉を溶かしてくれるようです。パパイヤは甘くて美味しいのかウサギの方から催促します。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional